信号の色はなぜ あか・き・「あお」と言う?

Print Friendly, PDF & Email

 

 信号の色は「あか・き・みどり」なのになぜ「信号」と言うのか、と外国人日本語学習者からよく聞かれます。

  「あお」というのは昔は今より広い意味で使われていて、例えば「青葉、あおもの(緑の野菜)」のように、「みどり」も「あお」の中に含まれるのだと説明されます。

 

 ☆1  古代の色の名前としては

  「あか  明 」 明るい色   ←―→  「くろ  暗 」 暗い色、

  「しろ  顕 」 はっきりした色   ←―→ 「あお  漠 」 ぼんやりした色   

  の4つの色の名前があったと言われます。

 

 これらは色彩そのものの名というより、光を感じる時の感覚から生まれたもののようです。

 

「漠」に由来する「青」の場合は文字通り境界線も漠としており、「黒(暗)」と「白(顕)」の間に横たわる、かなり広い範囲の色合いを「青」の音で形容していたようです。

  「青」も「緑」も「藍」も、時には黒や白まで「アヲ」という語で代表させていました。平安時代には「アヲウマ」の表記に「青馬」「白馬」どちらも使っていた例もあるそうです。    ( * )

 

☆2   現在でも、この4色のことばは昔からの慣用表現として、よく使われています

  例えば、

  「あか」  真っ赤なうそ、赤ちゃん、お赤飯、赤くなる、赤面する、赤恥

  「くろ」  黒星、黒幕、黒子、暗黒街、黒潮、くろうと(玄人)、くろ(有罪)

  「しろ」  しろ(無罪)、しろうと(素人)、白星(しろぼし)、白夜、白い目で見られる、しらじらしい(そうではないということがはっきりわかる、見え透いている)

  「あお」  青葉、あおもの(緑の野菜)、白砂青松、青白い顔、青息吐息、青くなる、青臭い、青二才(未熟な若者、二才は二歳馬のことで若い馬の意味、鹿児島の言葉)、青い山脈、青春・・・

 

  となると、思い浮かぶのは中国の春夏秋冬の表現です。

春・夏・秋・冬」  「あお・あか・しろ・くろ」の4色です。「やまとことば」にもともとあった色の表現が中国語の影響で、この4色に固まったとも考えられます。

 

 ☆3  その他の、後からできた色の名は大体具体的な物の名前からできた名

例えば、

「桃色、だいだい(橙)色、灰色、ねずみ色、水色、空色、藤色、黄土色、茶色(乾燥した茶葉の色)、き色 (木を切った時の木肌の色? )、あかね(茜)色(根から赤い染料をとる茜で染めた色)、あい(藍)色(藍で染めた色・くすんだ青)、むらさき色(ムラサキの根に含まれる色素によって染めた色)」など

 

☆4  「みどり」というのは

平安時代(10世紀頃)から使われ始めた比較的新しい語で、元来は色の名ではなく「新芽」「若枝」を表すことばでした。

語源は「みづ(水)」とか「芽」に関係があるとする説が多く、新芽は「みずみずしい」ので

「赤ちゃん」は「みどりご」、

「みずみずしく、つややかな黒髪」を「みどりの黒髪」と言いました。

  そのため、「みずみずしく、つややかな若葉」の色のことを「みどり」と言うようになり、青色と黄色の中間の色になったと考えられます。   ( *1 )

 

それまで「緑色」を表していたのは「青」でした。「葉」と言いますが「みどり葉」とは言いません。

あおもの、あおりんご、青々と茂る、松、柳、あおのり」などは「みどり」の意味で使われている例で、「臭い、二才」の「あお」も「未熟な果実のみどり色」からきています。

 

  というわけで、日本人は「青信号」と言ってもあまり違和感がなく、リズムの点からも「あか、き、あお」の方が短く言いやすい、語呂がいいということもあります。

 

*  ちなみに、英語の ‟green” の語源は ‟grass”(草)です。

 

ひとことで言うと

「みどり」という言葉は比較的新しいことばで、古くは「みどり」のことも「青」と言っていたからです。

 

―――   *   ―――

( *1 )  日本語相談  254回  回答者  大岡信   週刊朝日  1991年10月18日号