「ら抜き言葉」はことばの乱れ?  ≪ れる、られる ≫

Print Friendly, PDF & Email
 

・「もう、食べない!」

・「明日5時に起きれるかな」

あなたはこの言い方 どう思いますか? 自然ですか? 抵抗がありますか?

 今どきの若い者は何だ!こんな変な言い方をして! と怒る人は少なくなってきました。学校文法ではまだ認められていないのですが、使っている人は50%を超えたそうです。30代以下ではほぼ全員自然に使っているでしょう。

 

☆1 5段活用(1グループ)の動詞(*1)

 60~70年前には、5段活用の動詞について、「可能」の意味の時

 ・書かれる kak (ar) eru  →  書ける kakeru

 ・読まれる  yom (ar) eru  →  読める  yomeru

 のように「ar」が省略されるように変化し始めました。

 1950年代の文法書では「書ける」は間違いとなっており、最近の若い者は何だ!「書ける」などと言って!と怒る人がいました。しかし、今ではすっかり変わってしまったので、文法では仕方なく5段活用(1グループ)の可能形のために「可能動詞」という用語を作ったのです。

 

☆2 1段活用(2グループ)の動詞の場合は?

現在進行中の変化は

・着られる  kir (ar) eru     →  着れる kireru

・食べられる taber (ar) eru  →  食べれる tabereru

です。「ら」が抜けていると考えると見えてきませんが、「ar」が短縮されていると見れば、5段活用の動詞と同じ変化がおきているのです。もう20年もすれば、完全に短い形になるでしょうから、また新しい文法的説明方法を考え出さなければなりません。

 

☆3 なぜ?

  なぜこのように変化してしまうのか、という理由としては、「~れる、~られる」は「尊敬」、「受け身」、「可能」など複数の意味があるので、できるだけ誤解されないように、わかりやすく「可能」だけに限定できるからだろうと言われています。

いま子供たちに、「くじら食べられる?」と言うと、「え?くじらに食べられちゃうの!」と「受け身」に感じるようです。

 

☆ もうひとつ

他にも「短縮省略」された例はいろいろあります。

・書かせる  kakas (er) u     →   書かす  kakasu  ( 使役の例 )

・注目せられる  s (er) areru  →  注目される  sareru (「~する」の受身形 )

 

ひとことで言うと

 5段活用 (1グループ) の動詞がもう変化し終わっている「短縮変化」を、いま1段活用(2グループ)の動詞がおそまきながら変化しているところです。 「ことばの乱れ」ではなく「ことばの変化」です。

 

――― * ―--

(*1) 新宿日本語学校では「5段活用」動詞という言い方は外国人学習者には難しいので「1グループ」動詞、「1段活用」を「2グループ」動詞と教えています。